このブログを音声でもお楽しみいただけます。

VOICEPEAKでのポッドキャストを見直して

VOICEPEAKというソフトを使っている。

このソフトは「テキストをあたかも人間のナレーションのように読み上げる」ソフトだ。テキストを打って、ただコピペして読み上げただけでも、かなり人間っぽい喋りをする。

文章を音声で読んでもらうと、ミスタイプがわかりやすいので重宝している。それに加えてVOICEPEAKでは、人間らしい抑揚があるので

「この文言は入れ替えた方がいいかな。もうちょっと文字を短くした方がいいかな」

というところまでわかる。OSに付属している文章読み上げではこうはいかないので、すごく助かっている。

この音声、せっかくだからもっと利用したいな、と思って始めたのがポッドキャストだ。

そんな始まりだったので、そこまで気合は入れていなかった。再生があればもうけものだな、くらいの感じ。

そんな感じで200エピソードくらい続けて、あらためてポッドキャストを見直す機会があり、できるだけ客観的に聞こうと心がけて、いくつか発見があった。

大きな一つは「人間の音声に比べて、限りなくノイズが少ない」こと。

この「ノイズ」というものがうまく表現できないのだが

このノイズの少なさが「書いた文章であっても、心地よく聞ける」重要な強みになっている。

だからこそ、普段人間がラジオで会話するようなスピードやテンポで話をさせてみると。会話が早いと感じるし、次の言葉がどんどん残らなくなっていく感じがする。

これは注意して聞いてみて、初めてわかった、本当に不思議な発見だった。

だからといってその音声にノイズを加えても。人の声のようになるとは限らないし、良さも消えてしまう。不自然な仕上がりになるだろう。

これらについて。今のところは「発声スピードをゆっくりにする」ことと「文章の間を、思い切ってあける」ことを試している。

文章を聞く側に、咀嚼の余裕を十分にあたえるのだ。

それにしても。「コンピューターの音声でポッドキャストをする」というのは、気がつけばかなり特殊なことをしているな、と改めて思った。

自分としては面白く感じているので、これからもしばらくは続けていきたいと思う。



更新 2023月10日16 09時27分

このブログを音声でもお楽しみいただけます。

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

FileMakerシステム制作を中心とする「株式会社データファーム」という小さな会社の代表です。2007年から趣味で書いている日記を個人ブログとして現在も続けています。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ