このブログを音声でもお楽しみいただけます。

お酒は、コミニケーションの潤滑油にもなるし、壁にもなる。

最近は、本当にお酒を飲まない。

つい先週ぐらいから、寝るのが趣味になった。

笑われてしまうかもしれないが。寝るからこそ、動くこともできるし、日中パフォーマンスも出る。

お酒を飲んでしまう事は、睡眠のパフォーマンスを著しく下げるのだ。

唐突にこんなことを言い出したのは。

先日、そろそろ70歳になる男性に、お酒を飲みながら、こんなセリフを伝えられたからだ。

「お酒って、コミュニケーションの潤滑油になるんだよ」

確かにそうだよな、とは思う。

お酒を飲むことで、くだけた空気になる。いろんな壁を気にせず喋ることができる。実際に、自分もそういう経験がある。

だから、それを否定はしないのだけれど。でも、全面的に賛成できない違和感もどこかにある。

これは、一体なんだ?

そう思っていたら、なんとなく正体がわかった。

お酒は「お酒を飲んでいる人同士」にとっては潤滑油になる。

けれど「お酒を飲まない人」にとっては、コミュニケーションの壁になるのだ、と。

夏頃に、地域のお祭りがあった。年齢性別関係なく、色んな人がいるのだけれど、公会堂の一角に、お酒を飲む人たちが集まり、その集団はずっと固定されたままだった。

お酒を飲むと、どうしても理性は少し弱くなる。

そういう状態での表現や言動は、お酒を飲まない人にとっては、ちょっとした恐怖感もあるのだろう。何か少し絡みづらい、というのか。

お酒を飲まない人にとっては。わざわざその集団に、自分から入る必要もないのだ。そうやって、親睦を深める対象から、外されるのだと思う。

これは、お酒を飲む人が悪い、というのではない。お酒を飲まない人にとって、そもそもお酒が敬遠要素なのだ。

だから、お酒を飲まない人にとっては。「お酒自体」が壁になる。

「お酒はコミュニケーションの潤滑油」と言うのは。すべての人に通じるセリフではないのだ。

お酒を飲む人にとってはそうだ。でも、お酒を飲まない人にとってはそうじゃない。

お互いが交錯しない、ねじれの位置があるのだ。



更新 2023月11日24 08時57分

このブログを音声でもお楽しみいただけます。

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

FileMakerシステム制作を中心とする「株式会社データファーム」という小さな会社の代表です。2007年から趣味で書いている日記を個人ブログとして現在も続けています。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ