このブログを音声でもお楽しみいただけます。

最近思う「睡眠時間を長く取る」コツ

最近は、寝るのが趣味になった。

なぜ、趣味になったのか。

睡眠の「時間も質も」しっかり取らないと。普段の生活のパフォーマンスが上がらないからだ。そういう年齢になった。

睡眠は「質」がいくらあっても。睡眠時間が足りなければ、効果は出ない。

だから「まずは睡眠時間をしっかり取ろう」と思うようになったのだ。

普段からしっかり睡眠時間をとっていると。睡眠時間が短い時がたまにあっても、何とかなる。

僕が思う「しっかり睡眠時間を取る」の時間は8時間だ。6時間だと短い。

そんな僕が今考える「睡眠時間を取るコツ」を書き残してみたい。

ひとつ目は。

「本当に睡眠を楽しみにしてしまう」こと

ある程度、体を動かさないといけない。寝る前も、あまり食べてはいけない。

「良い睡眠のためには、そういう我慢が必要だ」

こう思うと。ストレスが多くなり、うまくいかない。

もし、良い睡眠が取れたら。

その時の良かったことを反芻して覚えておく。そこで確認できたことが、睡眠のメリットだ。

それらを得られるから、良い睡眠が楽しい。

こう思えると便利だ。

ふたつ目は。

「睡眠担当の自分、を作ること」

何を言ってるのか、と思うかもしれない。

でも、考えてみてほしい。

寝ている時間は意識がない。それでも体は回復するなんて、不思議なことだ。

ここに付け込む。自分の体を回復してくれる「もう1人の自分がいる」と仮定するのだ。

こう思うと。ちょっと不思議なことが起こる。

例えば、夜ふかししたときに。

「今日は睡眠時間が少なくて、睡眠担当の人に申し訳ない」

こんな発想が湧いてきたら、チャンスだ。

体は、その人にお願いするからこそ回復する。だったら、それなりの時間や準備を、自分がしなければいけない。

そう思えれば。睡眠環境や睡眠時間を、ケアしやすくなるのだ。

この流れで、良い睡眠ができたら。睡眠の良い効果を、実感することができる。

すると、今度は。

「睡眠の楽しみのために、自分を動かすこと」

を、考えるようになるのだ。

こういう循環を経て。自分は睡眠時間が取れるようになってきたので、ご参考まで。



更新 2023月12日27 09時50分

このブログを音声でもお楽しみいただけます。

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

FileMakerシステム制作を中心とする「株式会社データファーム」という小さな会社の代表です。2007年から趣味で書いている日記を個人ブログとして現在も続けています。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ