電気での走行燃費はガソリンの約3倍

アウトランダーPHEVは充電経由でもガソリン経由でもモーター走行をする不思議な車だ。
その時々のガソリン、電気の価格にもよるが、1円あたりで計算すると電気で走る方がガソリンの3倍燃費がいい。
つまり充電だけで走ることができれば、燃費は三分の一で済むことになる。

充電一回あたりの実走行距離がガソリン代を左右する。

そうなると気になるのが「一回の充電でどれくらいの距離を走れるのか」ということ。
アウトランダーPHEVは充電を優先で走り、電池がなくなるとガソリンに切り替わる。
毎日の通勤が15キロとして、

  • 1回の充電で10キロしか走れなければ、毎日5キロ分のガソリンを消費
  • 1回の充電20キロ走ることができれば、ガソリンを使わない

ということになる。
家に戻れば充電できるので、電気だけで走ることができれば、ガソリンを給油せずに使い続けることができる

充電1回の走行距離は40キロ〜60キロ

走行距離は走り方や実際のルート、エアコンの有無などによって左右される。
これはガソリンで走る場合と条件は変わらない。
比較的負荷の高い状態(大人2人と子供2人でエアコン利用)という環境で、だいたい40キロは走ることができる。
下り坂が多ければアクセルを踏まずに、あるいは回生ブレーキを使って充電しながら走行ができるので、実際の走行距離はもっと伸びる。

ガソリン給油は「遠出をしなければ」2ヶ月〜3ヶ月に一回。

今のところ普段使いの範囲であれば、給油は2ヶ月に一回あるかないか、というところ。
ただし遠くに行く場合は、前もって給油をしている。
充電で走れる距離を超えて走るにはガソリンで走る必要があり、そこは普通の車と同じ。
ガソリンは満タンで40L。燃費を15キロとして675キロを一回の給油で走ることができる。
遠出をする場合純粋な電気自動車は、途中のサービスエリアなどで充電しながら走ることになるが、アウトランダーPHEVの場合はガソリン車のように走ることができる。

本体価格の高さを燃費で回収できるかは微妙

これまではアウトランダーPHEVの良いところを主に上げてきたが、実際にトータルで経済性が高い車であるかどうかは、人ぞれぞれのドライブ環境による。
大きな充電池を搭載しているアウトランダーPHEVは同じようなSUVと比べて100万前後値段が高い。
その差額を燃費だけで回収するには、長い期間を多く充電で乗ることが必要になってくる。
簡単な試算だが10年乗るとして毎年10万円。一月あたり8500円程度の経費削減があってはじめて、同じレベルのガソリン車とトントンの経費になる。
この金額を回収するには普段の運転をいかに充電だけで走りきるかが大きなポイントで、街乗り40キロ以内であればそれが可能であり、40キロを越えればガソリン給油が必要となり、差額の回収は難しくなる。

燃費以外のアウトランダーPHEVの魅力

経費削減を主な理由にアウトランダーPHEVを選ぶのは上記の理由から全ての人にとって簡単なことではない。
むしろ経費削減を達成するためには長期利用を前提としなければならず、その条件をクリアできる人は少ないと思う。
それでもアウトランダーPHEVをなぜ選び、なぜ乗るか。
その答えも人によって異なるが、以下のような理由があるのではないか。

  • 一台で電気自動車とガソリン車の役割をまかなえる柔軟性
  • モーター走行の静寂性、快適性
  • 非常時に蓄電池の電気を使える安心(満充電で普通の家1日分の電気量)
  • 車自体が発電機能をもっていること。ガソリン満タンで約10回分(10日分)の発電が可能

他にも良いと感じるところは人によってあるだろう。
個人的には家を建てる時期だったことや、東日本大震災の後ということもあり、非常時での対応力の高さが大きな魅力の一つになった。

熊本地震で活躍したアウトランダーPHEV

購入後熊本で大きな地震があったが、テレビの報道で実際に被災地の照明電源としてアウトランダーPHEVが利用されている映像が流れた。
その後twitter経由で災害時のアウトランダーPHEVについて以下のような考察を発見し、大変感心した。

  • 災害発生時、電気が不通の状況では、ガソリンを使って移動ができる
  • 災害発生後、ガソリンが不足した状態でも電気が回復していれば、電気で走ることができるのでガソリン給油の列に並ばず移動ができる

アウトランダーPHEVは「給電」「給油」の二つの動力源を状況に応じて選ぶことが可能なので、どちらかがあればとにかく走ることができる。
人や物を運ぶため、あるいは人の安全を守るためにも。上記のような柔軟性は優れたポイントになっている。

最後に

今回長文を久しぶりに書くにあたり、練習として題材に取り上げたのが実のところだ。
アウトランダーPHEVは他に同じ車がなく、また電気自動車でもありガソリン車でもあるため「そのどちらかでもない魅力」がぱっと伝わりにくい。
その伝わりづらいが「他の車にない代えがたい魅力」について、少しでもこの文章が補助になれば嬉しい。


まいど。
ちょっと海外送金の必要があったのですが「ウェスタンユニオンで送金」という手段を知ったのでまとめておきます。

送金方法は2種類

ざっくりいうと

・店頭で送金
・コンビニATM、セブン銀行講座から送金

の2種類に分かれます。
「すぐ送って」といわれたら「店頭で送金」しか手段はありません。

店頭で送金

ウエスタンユニオン取り扱いの店舗の窓口から直接現金を送金する方法です。
「こんな手軽に送金できるのか!」とびっくりしますが、持ちモノと取り扱い店舗に注意してください。

取り扱い店舗は近くにあるとは限らない

僕の場合は自分が住んでる富士市に1つだけでした。
たまたま車で10分のところにありましたが、これが1時間のところだったら送金者が苦労します。
そういうコストを含んだ送金方法です。

町の銀行でどこからでも送金…というわけにはいきません。

マイナンバーカードが必要

これがないと送金できません。番号だけでもだめです。
本人のカードがないと送金をうけつけてくれません。
カードを取りに戻るのにまた一時間…といったことがないように注意が必要です。

そして免許証や保険証では受け付けてくれません。
マイナンバーカード一択です。

コンビニATM、セブン銀行講座から送金

銀行口座とコンビニATMをまとめてしまっていますが、基本的に同じです。
何が同じかというと「事前登録が必要」ということ。
店頭のように「いきなり送金」とはいきません。

事前登録しないと、送金ができない

コンビニ系の場合、とにかく事前手続きをしないとどうやっても送金できません。
コンビニの窓口でいくら訴えてもダメです。その場合は遠くても取り扱い店舗に行きます。
事前登録は

「誰が」「どの国の誰に送るか」を最初に指定します。

この時に必要なのが

・免許証、保険証などのコピー
・マイナンバーカードのコピー

です。

これらに専用の用紙に記入した内容を封書で送り、事前申請をします。
そのあとウェスタンユニオンからカードが送られてくるそうです(私は申請中)それがあるとコンビニからでも送金が可能になります。

手数料その他について

アジアアメリカで手数料が異なりますが、5万円送るとだいたい1500円〜2000円の手数料が必要です。
受け取りは現地銀行にて「現地の通貨にて引き渡し」となります。

現金を受け取るだけなので口座は必要ありません。
銀行で受け取るには「パスポートなどの個人を証明するもの」+「ウェスタンユニオンから発行された番号」が必要です。

送金者は送金後、受け取り側に番号を教えてあげる必要があります。
今はフェイスブックなりメールなりで可能ですね。

受け取りは10分後くらい

送金後10分もすると受け取り可能だそうです。これは便利ですね。

最後に

やってみてわかったのですが「圧倒的に送り手に負担」がかかる方法です。
海外ではまた違うかもしれませんが、少なくとも日本では大変です。
そのあたりをきちんとお互いが理解し、手間をお願いする気持ちを持って。
楽しい送金ライフ(?)をお過ごし下さい。

ウェスタンユニオン
https://www.westernunion.com/jp/en/home.html


まいど。
ちょっと仕事で文章を書くので、その準備体操に。

家を建てるコンセプト

家は一生に一度の買い物といいます。
考えるべきは「一生」についてです。
建築当時私は40歳でしたが、人生の残りを「40年(80歳)」として考えました。
子供は2歳と4歳。妻は35歳。
家族4人が少なくとも40年を快適に暮らせるように、と考えました。

では「快適」って何でしょう。

高気密・高断熱住宅がもたらす「快適」

高気密・高断熱住宅は初期投資が一般の住宅に比べて高いです(坪単価が高め)
商品の歴史自体が浅いこともあり、不確定要素はたくさんありました。
そもそもは設計さんからの提案でしたが、自分なりに学び・体験して決めました。

「温度の快適」1年を通じてほぼ一定

いわば家自体が魔法瓶です。
エアコンをかけるのは最低限。家全体を普通のエアコン1台の稼働で賄います。
省エネなこともメリットですが、体への温度差による負担が少ないのはさらにメリットになります。
40にもなると老いや病気へのリスクと配慮は気になります。
ヒートショックの可能性減少も含め、温度が一定であることは大きなメリットと考え、決めました。

躯体による温度管理のため、限りなく壊れにくい。

高気密・高断熱住宅は「躯体による快適な住環境」の実現です。
床暖房でも温水・温熱暖房でもありません。太陽光発電による売電も影響しません。
「機械はいつか壊れる」と設計士さんがおっしゃっていましたが(実際20年使った温熱暖房が壊れ、修繕費の工面が大変で寒い暮らしになったそうです)躯体は限りなく壊れにくい。
投資をするならそこにしようと思い、決めました。

「音の快適」とにかく静か。息苦しさもない

集中している時間は「無音の時間」でもあります。
逆に言えば「無音の空間があれば、集中しやすい」のではないかと私は思っています。
(集中しやすい環境はある、と考えています)

自分がものを作るにしても、子供が遊ぶにしても、勉強するにしても。集中できる方が良い。
高気密・高断熱住宅は壁が厚く(24cm)またセルロースファイバーにより遮音効果が高いのが決め手になりました。

実際に住んでみるとぐっすり寝れるという効果もありました(温度と遮音の両方が良い方に影響しています)

高気密・高断熱住宅は静か。

人生設計における「快適」

次に考えたのが「人生の節目節目において、どういうサイズの家が快適か」ということでした。
結局最初の理想よりも「少し小さめ」の家になりました。

60歳からの二人暮らしの「快適」行き届く範囲の家を。

60歳を過ぎた時に「掃除ができない部屋」や「ものだらけの部屋」ができないように、と考えました。
年をとって体がきつくなった時に使わない部屋が出るのも、もったいないし、嫌だなと。
「生活する空間をいつまでも面倒見れる大きさに」ということで家の大きさ・部屋数を最終的に決めました。

子供と暮らす時間は20年。残りは夫婦2人の生活

子供部屋をどうするか、というのはかなり悩んだポイントです。
最終的に8畳の部屋を一つ子供部屋としました。
子供一人一人に部屋がありませんが、最近は「子供部屋を小さく、リビングを広く(引きこもり防止のためだそうです)」という傾向があるようです。

自宅には客間兼病人隔離用として和室を一つつくりました。
いざとなったら夫婦がそこにいって、寝室をどちらかの子供に明け渡すことも可能です。

今は子供のことで手一杯ですが、いつまでも子供が家にいるわけでもありません。
「20年間の我が家の一番大事なお客様」という表現が適切かわかりませんが、子供との生活がいつまで続く、という考えにならないようにしました。

予算における「快適」

ローンの「快適」

ローンで我が家を建築したのですが、立て坪が小さいと当然必要な予算は下がります。
高気密・高断熱なので割高な部分はあるのですが、それでも小さな家にすることでローンの減額を多少でも促すことはできます。

光熱費の「快適」

高気密・高断熱住宅は灯油が使えませんので、灯油台はなくなりました。
また電気代はソーラーなしで今の所6000円台です。エアコンも使ったり使わなかったりですしね。
このあたりは元々の暮らし方がわりと無駄が少ないので実現できているところもあります。

好みで「ソーラーなし」「ガスの併用」をしていますが、オール電化にすれば予算面ではさらなるメリットを受けられると思います。

人によって「環境」も違う。それにより「快適」も違う。

一人暮らし・二人暮らし。ペットの有無。
どうしてもやりたいこと。これだけはいやなこと。
人によっていろいろ絶対条件は異なります。

「私たち家族の場合はこうだった」というのを、結論から簡潔に表現するとこのような感じでした。
最初は薪ストーブのある、ログチックな家がよかったのですが、いつのまにか高気密・高断熱に…というのはなんとも不思議なはなしですが

「やってみたいこと・嗜好(好きなもの)」→「必要なもの」

に考えが変化した時に。
指針になったのは「人生プラン」「なにが快適か」でした。

家は環境に対する投資です。
そのあとの生活を下支えしてくれる大事な要素ですので、十分に時間をかけていろいろ考えることは大事だと思います。

「こういう家がいい」という理想を結論にしないで、いろいろな住宅見学会にいってみるのが、家族で楽しめ、自然といろいろ考えやすいよい入り口かと思います。


まいど。

こんなジップロックを



こんなテープで



こんな風にして



こんなものをいれて



バッグの中に小分け用としていれてます。



丈夫な小物入れだとかさばってしまうし、かといってジップロックのままだと破けやすいので、色々試行錯誤してこんな形になりました。

古くなってきたら、また新しいものを作ります。

薄手で、それでいてそこそこ丈夫で安い。
重宝してます。

IKEAのジップロックが、チャックがダブルで使いやすくてオススメです。



まいど。

ブログに何を残したいとか、とりあえずわからないんだけど。
フェイスブックの方がログイン状態からさっとかけて、便利なんだけど。

それでも自分のブログに書く。
とりあえず書く。

意義や意識が頭でっかちになって、筆が進まなくなってきたと感じたら書く。
頭の上のあれこれをどかすためだけに書く。
意味がなくても書く。

自分にとっての意味よりも、自分以外ににとってどんな感想が残ったかの方が大事なことも多い。
他人のリアクションは予測できない。なのでやってみる、書くしかない。

行動の過程に発見は落ちてるものだし。