2014年に書いた仕事メモ


チャットワークのマイチャットに残してあったメモ。2014年のもの。読みやすくリライトして、自分に釘を刺す意味で公開してみます。この考え方が正しいかどうかは別として、やっと少し手が出てるのかな、という現状。今まで何やってた。

準備は大事。

ちょっとした準備の積み重ね大事。常にマスクをもってるとか風邪薬を忍ばせておくとか。

「あれば自体を食い止められるもの」を準備できていると、後のバッファの確保量が違う。

タスクを小さく→常に片付ける

タスクを小さくとは「やりかけ」の時間を短くすること。 - そのためには常に「終わらせる」ことが大事。 - それは「使ったら」「片付ける」と一緒

「事例>商品>技術」の順番

人にわかってもらうにはこの順番。誰もが納得する大きな事例があるのが一番で、それがあれば究極、商品の品揃えは不要。

技術は「できます」商品は「できますの見える化」なので、これはやっておいたほうがいい。

技術はOEMされるが、商品は「仕入れ」になりやすい。

「事実」が大事

魅力がある企業と、同じことができてるならそれに並ぶ。

見えることの、効果が高い。

情報整理も大事だけど、それらを整えるだけでは、お客さんには見えない。きちんと見える化する。

「作る」は本当に大事

良くすることの基盤になる「作る」は本当に大事。ただ「作業の試行錯誤の時間=努力の成果」ではない

それを肝に銘じる。

技術を施行する時間にお金はもらいにくいが、商品にはもらいやすい。なので、技術を「商品化」しておくとお金になりやすい。

とは別に「あいまいな形にならない部分」を無理に商品にする必要もない(やりすぎない)

「終わらせてない仕事」は「大変な時に突然やってくる」

肝に銘じる。で小さくする努力と行動「終わらせて、終わる」が大事。

「思考」からコンテンツは作れない

「思考」は大事だが、「行動」したほうが「こういうコンテンツがほしい」の肌感が上がる。

仕事の回る仕組み、仕事の見える化が必要。


更新 2022月03日29 15時37分

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ