復習を予習にする。

朝、ブログを書いたり。あるいは会社の技術ブログを書いたり。最近は改めて、細かく明文化すること。世の中に自分の文章を出すことを心がけている。それができるだけ伝わりやすく、読みやすい文章になることも、目的に含めて。

子供に毎日ドリルを二つやってもらってるんだけど、その二つは「1学年前のもの」だ。3年生なら2年生のもの。単純に同じ学年のものをやると、まだ習っていないところが出てしまう。習ってないものが出ても、学習自体がつまらなくなってしまう。だから1学年前のものにしている。

1学年前のドリルでも、毎回満点というわけにはいかない。4月5月は学年が上がったタイミングなので、問題のレベルも一つあがる。そうなると間違いが増えてくるので、次男などは少しつまらなくなってきているようだった。

なのでルールを変えた。一つは問題がわからなかったら、辞書や教科書で調べたり、人に聞いて良い、ということ。もう一つは満点だった場合のご褒美ルール。これについては、間違いをきちんとやり直しした場合においては半分提供する、というのもの。満点でゲーム時間を15分プラス、としているのだが、満点でなくてもきちんと解き直しをしたら7分をプラスする。

親として子供にどうあって欲しいのか。ちょっと目標が混乱している部分もあった。問題集は満点をとって欲しいのではなく、学習の習慣を身につけて欲しいということ。それが自発的にできれば楽しくあってほしいということ。最後は、わからないところを、きちんと自分でやり直して理解できるようにしてほしい、ということ。これを妻と昨日、改めて確認した。

自分のことでも子供のことでも。こうやって考えると我が家は「復習に重点を置いている」って感じがある。コツコツを習慣化させたい。

復習をしっかりすることで、次に同じようなことがあったとき。あるいはその経験値を活かせるとき。その時に「とりこぼしのない予習」が完了しているように、と思っている節があるのかもしれない。


関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ