Vaundyが本当最近すごいなって思う。

47のおじさんが今更言うことではないと思うんだけど、Vaundy本当凄いと思う。先日YouTubeにある「Vaundy one man live tour “NIDONE” 一部無料生配信」を見て、改めてそう思った。見ながらつい「素晴らしい」って言葉が口から出てしまった。

ちょっと影のある日本語の歌詞。得意なカテゴリーが存在しないかのような、いろんなジャンルの音楽を次々に生み出してしまう事実。そしてこのライブビデオにあるような完全にステージを、音楽を楽しんでいる所作。どれも本当に素晴らしいと思う。

自分が気になり始めたのは、sonosで流しっぱなしにしていたところに流れた「踊り子」がきっかけ。この曲がちょっと暗くも気持ち良く。不思議な曲だなって思いながら、曲をしっかり聞いていくと「達者だな」と思うポイントがいくつもあり、とにかく感心してしまった。それが最初。

踊り子のMVの小松菜奈。ノスタルジックでカッコよく、あいまいに適当で可愛く、とにかくMVにマッチしているのだけれど。このMVをみながら、ふと

「ああ、Vaundyは曲だけというより、映像でいろんなイメージを常に描いているのかな」

って勝手に思ってしまった。特に歌詞について素晴らしいな、と思うことが自分は多いのだけれど。それは歌詞の言葉遣いはもちろん、そもそもの彼の頭の中にあるイメージが素晴らしく、それを言葉で取り出したら、そりゃ歌詞も素晴らしくなるよな、という部分もあるのではないかと。

音楽という切り出し方をしたときに、それがゆたがで素晴らしいのは。元々の彼の中にあるイメージが映像で立体的だからなのかな?と思ったのだ。

もうひとつ。これはVaundyとは関係なく予断的な僕の感想なのだけど。彼のライブを見ながら「ああ、現代の音楽シーンは、ほぼルッキズムから無縁の場所にたどり着いたのだろうな」と感じた。

1980年台からの音楽、芸能のステージにおいて、少なからず歌手であっても美形でなければ、センターに立てない、みたいな風潮があったけれど。

それに真っ向から対立するのではなく。歌い手のような顔を隠す存在があったり。バーチャルのアイコンを立てて歌うようになったり。それらいろんな手法が成長していく豊かさの結果に「誰がどんな形で音楽を楽しむことに、なんらおかしさや問題もない」という状況に辿り着いたのかな、と。これは今の日本において、ものすごく誇って良いことではないかな、と思った。

上記はあくまで私個人の感想。


更新 2022月08日23 16時50分

このブログを音声でもお楽しみいただけます。

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ