Dear Readerと翻訳アプリを使って、英語の勉強をする

Dear Readerと翻訳アプリを使って、英語の勉強をする

mikanという英単語ソフトを使っているのだけれど、これだけだと、どうにも物足りなく感じる。英単語は覚えられているのだけれど、英文が読める感じには今一歩なのだ。

Apple Arcadeというゲームのサブスクに「Dear Reader」という英語の文章パズルのようなアプリがある。古典の著作権の切れた英文をパズルにしており、それ自体が英語に慣れる機会としてすごく良い。

ところがこのソフトは、当たり前ではあるのだが「翻訳」機能がない。文法もそうだけど、単語もわからないものや「これどういうニュアンス?」的なものも多いので、翻訳機能がないと学習が辛い。

そのような理由で1年以上つかっていなかったのだけれど。先日ふと「スクリーンショットの翻訳って、本当にできなかったっけ?」って思って調べてみたら、googleの翻訳ソフトで問題なくできた。

カメラ画面にアルバムのアイコンがあるので、そこからスクリーンショットを選択すれば、翻訳は問題なくできた。

英語と日本語の細かな翻訳加減をどうやってみたら良いのか。「単語を一部分選択して、そこだけ英語に戻す」ということができたら良かったのだけれど、それはできないようだ。

これについては「英語から英語に翻訳」することでひとまず対応できた。一部分ではなく全体になってしまうのだが、英語と日本語を交互に切り替えができるので、これで十分やりたいことができている。

ところでこの動画をiPhoneからYouTubeアプリでアップしたら「ショート動画」というものになってしまった。これは埋め込みできるのだろうか?ちょっと離れると知らないことばかりだ。


更新 2022月08日23 16時50分

このブログを音声でもお楽しみいただけます。

関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。

最新記事

カテゴリー

アーカイブ