まいど。
この前家の一番上の電動式の小窓が閉まらなくなって。
建築会社さんに連絡して、まあメーカーの方(YKK)に来てもらう手はずをとったんですよ。
で、なんだっけかなー。どっか別の建築会社さんが

「ドローンによる点検、始めました!」

みたいな、ウェブ広告だったかなー、を見て。
「お、これうちの今回のやつも、外から点検できれば面白いかも」なんて思ったんですわ。
実際家の中からだとだいぶ高いところなので、脚立がだいぶ高めのやつがないとなーなんて思ったので。

じゃあ、やろう。ドローンちょっと飛ばして、ちょっと撮ってみよう、と思ったのですが。
まー結果としては壁にバッチリ撃墜。プロペラガード見たいのがないので、しっかりプロペラが折れました。やっぱ建物の近くとかはドローン大変。

風を読みながらになるし、なんだ、まあそもそも完全な垂直で浮上しないしね。
これで思ったのは「近くによるのではなくて、望遠レンズ的なものでズームで見る」が正解なんだろうなーってことでした。

またドローンによる点検も、いわゆる上空から屋根を見るとか、離れた場所から建物を寄りの画面でチェックするのはありでしょうね。

ヘリコプターで建物ギリギリを攻めるような、そんな映画のようなドローン操作は、ちょっと無理だなーと思った出来事でした。



まいど。

iPhone Xにしてすごく便利だなって思うのは、写真の2倍ズーム。
ボタン一つで「ぽん」と1倍と2倍を切り替えられるのは便利です。
写真撮ろうと思って「あれ?ちょっと小さい?」って思ったら、ボタン一つで2倍になります。

普通にピンチアウトで大きくなるのですが。それだとデジタルズームなのでちょっと荒くなるんですよね。
その点、ボタンで2倍はレンズの切り替えなので、画質は損なわれません。
何より簡単。あっという間に取れる。

今までは、写真1枚で済ましていたところを「大きいやつと小さいやつとっとこ」みたいに2枚サクッと取れるは便利です。
なので朝の富士山の写真も2枚取るようになりました。
構図が違うだけで、写真って違うなーってのが手っ取り早く楽しめるなぁ、って感じもします。

下の富士山は1倍の写真。
上のは2倍で撮った写真。
2倍の方が富士山がキリッとしてるなーって思います。はい。
1倍だと雄大。




まいど。
ということで。今更ながらですが、iPhoneXにしました。
ひとまず満足度は高いですが、誰に対してもおすすめ、というわけではないです。
基本的に高すぎる。

ということで私のまとめとしては。

■とにかくカメラが便利で楽しい
これが一番かもしれません。2倍レンズをすぐに切り替えできるのは意外に重宝します。
あと、ポートフォリオモードで出来上がる写真の楽しさ。ポートフォリオモードで写真をとること自体が楽しいです。

■サイズは一緒だけれど、操作はガラッと変更
慣れましたけどね。なので不便ではないです。
ただ。片手で、スマフォ全面の4つ角に指を届けないといけないのは、時々辛い。
液晶自体が大きいことは、やはり気持ちいい

■FaceIDは基本的に便利
ただ、本体との角度が意外に厳しいので、寝てる時とかほとんど認証に失敗します。
でも基本的にほぼ認識するし、押すよりも認証のタイミングが早いので、気持ちいい感じで使えてます。

といったところです。
気になる人は買って後悔することはないと思います。
本当値段と相談ってことで。



まいど。

iPhone Xをぼちぼちと使っております。
ケース使って見たり、保護フィルム貼って見たりしたのですが、結局今は一旦裸で使ってます。
裸が一番iPhoneの良さがわかる(下手なケースなどだと、良さが死んでしまう)のは事実。

でもってXはテンと読み、それはつまりiPhone10周年を意味しています。
10年間、や、そこまで長くはないけど私たちが触り続けて来たもの。
それが「ホームボタン」です。

正直操作の方はホームボタンなくても全然問題ないです。
すっかり、というか使って20分くらいで普通になれました。快適です。
ホームボタンのあるなしよりも「画面が広すぎる」ことで苦労することの方が多いです。
サイズこそiPhone8とかと同じですが「画面の右上、左下」が本当に機械のそれと同じなので。
片手操作だとだいぶ辛いです。さらなる工夫と慣れが必要。

その工夫となれで解決できなさそうなことがあります。
それは「ポケットから取り出すときに、どっちが上かわからない」ってこと。
ホームボタンをブラインドで探す、ということができなくなったので、実際にポケットから取り出して

「あ、こっちが上か」

ってことが増えました。
これがストレス。どうにも解決できない。

この辺りはケースとかスマホリングとかで解決になるのでしょうかね。
持ち上げてiPhone見たときも「ほぼ真っ黒」なので、光がついて初めて「おお、こっちか」ってわかる感じです。



まいど。
調子に乗ってiPhone Xにしたのですが。
これで一番何が変わったかというと、ズバリ写真ですね。撮影の方。
あれほど好きだったLive Photosの出番が減って、ポートレートモードで撮ることが増えました。

だってポートレートモード楽しいんだもん。
写真の好きな方にポートレートモードで撮ったものをそれと言わず見せたら「えー、一眼で撮ったのかと思った」とのこと。
それくらいのものがポケットで取れちゃうのはすごいな、って思います。

でもれ別に「じゃあ一眼いらない」とかそういう議論ではないです。
ポートレートモードは割と距離とか色々制限があるので、一眼ほど自由にボケ味のある写真が撮れるわけでもありません。
スマフォカメラらしい制限はやっぱあると思います。万能ではない。

でも、でも。はい。楽しいんです。
ポートレートモードでいい写真が撮れると楽しいのです。
だからまた撮りたくなる。ほんとこれだけ。

Live Photosが本当に好きなので(そもそもポートレートモードと役割が違う)自分がここまでこの新しい撮影方法にハマるとは思わなかったので自分でも驚き。

iPhone Xに限らず、8でもこの撮影試せるので、ぜひ皆さんにやって見てほしいです。
ただ、iPhoneX。インカメラでもボケるって、お前はすごい。