まいど。

最近画像はAppleWatchじゃないといけないような強迫観念が少し生まれていた(笑)
WatchOSが4になって「懐中電灯」の機能がついた。
これはiPhoneとかにある懐中電燈と役割は同じ。
ただ、外向きのLEDはAppleWatchにはないので、画面をひからせることで懐中電灯の役目をする。

この懐中電灯の光なのだが、実に優しくできている。
画面を自分に向けた時に、光の量が弱くなるのだ。
外に向けて侵攻方向を照らそうとすると、2倍くらいにあかるくなる。

最初その機能がわからなくて「なんか暗いな」って思ったのだが、照らすとさっきより明るい。
「ん?って思ってこっちに向けると暗い。なんだろ?っておもってたが、仕組みがわかれば実に人に優しいAppleWatchなのでした。



まいど。

引き続きAppleWatchをつかっているのですが、OS4になってかなり使い勝手が良くなっている。
特にSiriフェイスは色々と気が利いてくれて嬉しい。
「数年前のこの日に、こんなことがありましたよ」というのも教えてくれるのだが、2013年の今頃は、今いる事務所の改装工事をやっていたらしい。そんなになるのか。

写真の提案は、iCloudにある写真から提案しているのだろうと(勝手に)想像しているのですが、そうなると、俄然iCloudフォトライブラリとの組み合わせが便利。
そうでなくてもmacを利用している場合(iPhoneだけでもそうですが)ストレージの128MBや256MBなどよりも、写真の総容量の方が多く

「撮った写真全てが保管できない」

という問題があります(コンピュターユーザー歴が長い人はそうかな)そういう方には、思いきってiCloudフォトライブラリをお勧めします。2TBあれば基本的に十分でしょうし。自宅外にバックアップ(というかメイン)ができることで、写真のバックアップの不安も解決します。

なによりどのデバイスでも写真を参照できることは、思った以上にメンタルに効果が高く(過去の思い出を振り返る機会は、子育て世代には嬉しいことも特に多いような)かなり個人的に満足しています。

Appleの製品はデバイス云々ではなく「iCloudをどうやって快適に提供するか」というデバイスだなぁと最近思います。
それはきっとiPhoneXであっても。



まいど。

AppleWatchのOSを4にして、いろいろ試している。
今一番気に入っているのは時計の画面をSiriフェイスにすること。
これ、まだまだ表示として物足りないところもあるけど、いいところついてます。

個人的に気にいっているのが

・日付と時刻を一度に表示していること(以外にこのフェイスがない)
・音楽をかけると音楽情報がでたり、リマインダーがあるとそれが表示されたり、かなり痒い所に手が届く

ってところです。
写真では「15:00 雨マーク」になっていますが、これは15時ごろに雨が降るのでそうなっているようです。
おー、気が利く。

個人的にはこれに

・現在の歩数、あるいはフィットネスリングの状況

が出てくれればいいなとおもいますが、それはそれ専用のフェイスを作って、指でフリックしたらみれるようにしておけばいいのかもしれません。

かなり気にいってます。
AppleWatch3が来るのが楽しみ。



まいど。

ってことで、Bluelounge Kickflipがきました。
でつけてみた結果なのですが。想定していたよりもだいぶ低い!
これは私の事前調査が悪かったので仕方ながないのですが…。やーこの高さだとすでに満足できない体に。

普段使っている台からのショットがこちら。



と、これくらい違うんですよね。
こうなるとちょっとうーん。使用感がだいぶ違うわけです。

普段使っているスタンドは、液晶画面が目の前ちょっとしたにある感じ。
視線や肩を落とさなくても、目にな昼しタイピングができるんです。
そこまでの高さと快適さは、やはりBluelounge Kickflipにはなかった…という結果です。

これは製品のコンセプトがやっぱり違うので仕方のないこと。
そして思った以上に目線が高くないと満足できない自分も再発見しました。

Bluelounge Kickflipはつけていても問題ないし邪魔にならないので、このままつけて使っていきます。
でもってここで予算を使ってしまったので、家用のスタンドは買わずに、持ち帰って使い続けていくことにします。



まいど。

昨日MacBook用のスタンドを使っているよ、と書いたのだけど。
そのあとマッキーに教えてもらったのが「Bluelounge Kickflip」ってやつ。
MacBookに貼り付けて使える、折りたたみ式スタンドというのか。

これ今使っているやつよりも、傾斜が緩そうな気がします。
とはいえ

・軽量
・どこでも携帯できる(別途スタンドを持ち歩く必要がない)
・後ろだけの支えでシンプル(新幹線でもいけるかも?)

という目を話すことができないメリットがあるので、ためしてみます。
とはいえ、今の傾斜がかなり快適なのも事実。

つかってみて「うーん」っていう部分があったら、今使っているスタンドに戻って、自宅用と二つ買うかもしれません。
…が、どうなることか。

出費を抑えたいのが第一なのですがね…。