まいど。
Apple Musicがすごくいい。特にFor You。
プレイリストは実際にDJ、セレクターの方々、つまり人が作っているそうですが。
興味のあるものがいくつもあって、それが新しい、あるいは懐かしい音楽の扉をあけてくれます。
For You。最初だけちょっとめんどくさいけどやったほうがいいよ。

でもって、このプレイリスト。
良いリストであればあるほど、チョイスした理由や時代の背景などを知りたくなる。
これを曲の間に流してほしいと思う。そうなるともうこれはそのままラジオだ。
でも「そういう情報はいらない」って人もいるだろう。

となると。地デジの「字幕放送」みたいに。
For Youのプレイリストに「DJあり」「DJなし」なんていう機能スイッチができる気がする。

その時、実際にセレクトした人がDJとして喋ってくれるだろうか。それもいい。
でも喋りが苦手な人も当然いるだろうし「前に出たくない」人も居る。
だったらせめて声はなくてもいい。そのかわり選曲した意図や理由のテキストがほしい。
それを他のDJがしゃべってくれてもいい。

でもそれだと「肉声では」ない。
だったらDJは自動音声でもいいのでは?と思った。
「自動音声」と思った瞬間。最初に思いついたのは「初音ミク」だ。

でもまてよ。だったらSiriがいる、と思った。
Siriが今よりさらに抑揚をつけて、あるいは逆にデジタル音声っぽく。
個性がないほうが、純粋に情報が入ってくるというメリットもあるだろう。

DJ.Siriの喋りを「心地よい」と感じる日は、そう遠くないと思う。
Apple Music。大好きだ。



まいど。
こいつをどれだけ早く起動できるかで、その日のパフォーマンスが決まる…
といっても過言ではない。

やークリックってほんとクセでやってるね。
フェイスブックとか、ついクリックしてるの実感。
根(ドメイン)こそぎカット!



まいど。
ってことでこの連休。建てている家の構造見学会をやることになったよ。

・壁厚みが24cm以上
・ドイツ製の樹脂サッシでトリプルガラス
・C値が0.1(検査値)Q値が0.85

ってのが特徴かな。
内断熱はセルロースファイバーです。

ということで。
おひまの方いらしたらぜひー。



まいど。
Apple Musicのサービスが始まった。
最初アプリを見た瞬間「iTuneアプリをぶっ壊された」って気がして萎えたが、それも誤解だった。
ミュージックアプリは「再生アプリ」ではなく「サービスアプリ」に生まれ変わった。

そのサービスであるApple Music。慣れると心地よい。
とにかくアーティストの数が多いし、ダウンロード再生もサポートされてるのが嬉しい。
ダウンロードはないと思っていたので、ちょっと意外だった。

「ダウンロード」ってのは「好き」として数えられると思う。アーティストの曲が愛されてるかどうか、一つの指針だ。
そして「気になる」と思ってyoutubeで曲を探しても、多分アーティストにお金は入らない。
それがApple Musicを経由して聞けばアーティストにお金が入る。

「気になる」と思ってチェックすれば、アーティストの収入、支えになるというのはとても良いのではないだろうか。

この流れでCDが売れなくなるとか、議論はいろいろあるだろうが。
どのみちCDとか楽曲購入のビジネスモデルで、アーティストを支えるのは難しくなっている。
新しいフォーマットを、潤沢な資金とデバイスをもっているAppleがはじめる。
これが最後の砦だと思う。

この流れはきっと本にもくる。
だからAppleはiBookをまったく諦めていないと思う。
彼らのやりたいことは「21世紀の図書館、ライブラリーになること(それを世の中に実現すること)」だと思う。



まいど。
ってことで久しぶりにブログを。
すっかりブログを書かなくなったけど、実は結構書くものは書いてる。

・建築日誌
・育児日誌

この二つは手軽さでevenoteにいれた。
育児はおもいっきりプライバシーに関わるので、ブログだと面倒くさいな、と。
まあevernoteも漏れたらおしまいだけど…。
なんにしても「自分用」にすることで、書きたいこと、残したいことをおもいっきりかけるようになりました。

じゃあ建築日誌は?
これ悩んだけどevernoteにしました。
理由は

・設計士さんと日々の状況をやりとりするため(資料はevernoteでそもそも共有している)
・アプリを使うことでログインせずに手軽にできる
・多少やっぱりプライバシーのことが入るので、ネット公開めんどくさい。

って感じでしょうかね。

朝は子供を送り届けながら、やることやっているのですが、

・8時30分に保育園に。子供を送り届ける(10分)
・8時45分には実家に。犬の餌をやって、フンを片付けて、その合間に家の写真をとる(10分以内)
・8時55分に実家を出て、9時前に事務所に到着

という感じの割と過密スケジュール。
なのでとにかく「お手軽」「早くできる」が優先なのでした。

そうなるとブログよりもevernoteの方がよかった、という話です。

まあ、立場も環境も変わり「自分のこと」よりも「他のこと」を考えたり実行したりが増えたんでしょうね。
なんで今はブログよりも他のものがあってる、フィットしてるんだと思います。